蔵ログ

没頭できることを求めて

英語の勉強法まとめ

 

概要と考え方

主に受験英語に対してだけど、英語の4技能に関しての考え方。簡単にまとめると「読む」は受験で鍛え、「聞く」はシャドーイングで鍛え、「書く、話す」は瞬間英作文で鍛えればいいじゃん、というスタンス。

 


 

勉強のやり方はわかっても、継続できなきゃ意味ない。じゃあどうすれば継続できるか、を考えた結果。


 

 

読む

「読む」は受験勉強するのが一番効率がいい。

受験勉強はしんどい、だから「出来るだけ少ない労力で、望むべき結果」(=最小の努力で最大の効果)を目指そう、というコンセプト。初級編は4冊、中級編は3冊、上級編は3冊参考書を紹介。

つまり、偏差値50超えまで4冊、難関合格まで+3冊、最難関まで+3冊(+過去問)で乗り切る受験論。

 




 

単語、熟語、文法、構文、知識は全て入っているのに英語が読めない人は、木を見て森を見ていないのかもしれない。そんな人へ向けたパラグラフリーディングのススメ。


 

 

書く

言葉を「書く」ことはなぜ難しいのか、その考察と受験用のオススメ参考書について。


 

 

話す

 要は「瞬間英作文」の話、最初は大変かもしれないけど、少なくとも僕には効果大でしたよ。


 

TOEIC

 TOEICの悪口っぽいこと書いてるかもしれないけど、リスニングパートのシャドーイング大好きですよ。これで英会話の下地ができるので、かなりオススメです。

 


 

英検

 年に3回しかないけど、勉強してて楽しい英検のススメです。