読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蔵ログ

没頭できるものを求めて

英語の勉強法導入編①〜読むために必要な力を分解してみよう

英語

英語の能力は次の4つに大別されます。

 読む、書く、聞く、話す

これに、受信、発信、文字、音の項目を加えると次の様になります。

 

   受信  発信

文字 読む  書く

音  聴く  話す

 

日本の大学受験では良く悪くも読む力を問う比率が大きいです。故に、ここから暫くは読む力を効率的に伸ばす為の学習法を紹介します。

 今回は導入編①。導入編はやや込み入った内容になるので、面倒くさい人はすっとばしてもok!でも理解すると役に立つよ!笑

 

■読むために必要な能力を分解してみよう

読むために必要な能力(知識)は

 単語、熟語、文法、読解です。

 

外国語を学ぶ際に当然言葉の意味を知らないとどうにもならないので、単語熟語の知識は必須です。各言語のルールを学ぶのが文法です。文法には構文も含まれます。言葉としてはおかしいですが、単語熟語文法の知識を用いて文章を読む総合力を鍛えるのが読解です。読解は精読と速読に分化します。

 

英語の初期学習が困難なのは、単語熟語文法だけやっても十分に結果がでないことです。下記のマトリックスを見て下さい。試験で問われて力を知識論理とした際に、各科目で問われている能力の割合を表したものです。

(割合は主観で勝手に作ったので参考程度)

 ここから、殆ど勉強してないのに国語の点数が高い奴がいる、理科社会はやっただけ点数になる、数学や英語の成績を上げるのに時間がかかる、というあるあるが説明できます。

 

   知識:論理

国語  1:9  (知識は漢字、熟語、慣用句)

数学  4:6  (知識は公式、記号や言葉の意味)

英語  4:6  (知識は単語、熟語、文法)

理科  9:1

社会  9:1

 

最終的な英語の試験では長文読解が点数の殆どを占めます。しかし、読解をやるためには単語熟語文法が必要、でもそれだけやっても高得点はとれない。

(数学でいえば:数学で点を取るには問題を解く必要がある。しかし、問題を解くためには公式や記号の意味を覚える必要がある、でもそれだけ覚えても点はとれない)

 

以上から導き出されるのは、

結論:単語、熟語、文法を最低限をやって、読解に力を入れよう。

 

試験の為に勉強するのであれば、その目的は読めるようになること、単語熟語文法はその土台であり道具であることを忘れないで下さい。

え?そんなこと知ってるって?最低限ってどこまでかって?

ok、それは英語の勉強法(初級編)で紹介する。

 

次回、英語の勉強法導入編②〜勉強を継続する方法

dero339.hatenablog.com

 

dero339.hatenablog.com

 

 

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法