蔵ログ

没頭できることを求めて

登木健司の「難関大英語長文講義の実況中継」終わったからオススメしたい。

表題の通り、↓こちら登木健司先生の「難関大英語長文講義の実況中継」を1周したのでレビューを書きたいと思います。購入を検討している受験生の参考になれば幸いです。

登木健司 難関大英語長文講義の実況中継 (実況中継シリーズ)

登木健司 難関大英語長文講義の実況中継 (実況中継シリーズ)

 

結論から言うと「いい本だけど、使用者は選ぶ!」

そんな感じです。それでは早速いってみましょう。 

 

 

基本情報

作者::登木健司

出版社: 語学春秋社(実況中継シリーズで有名な出版社)

発売日::2017/10/24(最近)

ページ数:524ページ(参考書の中では分厚い)

524ページと結構厚めですが、これはこの本の特徴でもある「異常に丁寧な解説」によるところが大きいですが。

 

目次と掲載問題

設問付き英文が全部で10問掲載されています。出題大学と文字数は以下の通り。

 

青山学院大学 経済学部

早稲田大学 社会科学部

早稲田大学 社会科学部

早稲田大学 法学部

京都大学

京都大学

早稲田大学 文化構想学部

慶應義塾大学 文学部

早稲田大学 理工学部

慶應義塾大学 環境情報学

学習院大学 理学部

 

レベルと特徴

上記の出題校からわかるように、レベルとしては早慶レベル、英文としては受験最高峰の難易度だと思う。

但し、設問自体はそこまで難しい訳では無い。なので仮に正答率がいいからといって安心してはいけない。精読したあと何度も音読して復習すべきだ。幸い英文の内容自体は面白いので、そこまで苦労しないはずだ。

やらないと早慶合格できないか?と言われればそこまでではない。だから無理してやらなくても良いとは思う。

 

この参考書に取り組んでいい条件

既に言及した通り、レベルは優しくない。なので、この問題集に取り組むべき人(というか条件)を3つ挙げておく。ここをクリアしてないなら取り組むには早計だ。

 

1.シス単レベルの英単語帳を1冊終わらさせいる(=1周以上して9割以上覚えている)

2.ネクステアップグレードの様な網羅型問題集を終わらせている(3周以上していつでも正答率9割以上)

3.センター過去問センター形式の模試で160点以上(200点満点中)得点出来る

 

この3つ全てを満たしたら、この参考書に取り組んで良いです!

それ以前に取り組んでも、効率が悪く実りも少なそうです。なので条件に合わない人は、先ずは単語を覚え、文法の基礎定着に取り組んで下さい。そうすればセンターレベルで8割超えて行きます。具体的にはこちらに書いてある事を一通りやった後がオススメです。

 

この参考書の魅力

英語長文の参考書は世の中に山の様にある。じゃあ、その中でこの参考書に取り組む理由はは何か。それは 英語を読むのに現代文的なアプローチを取り入れている事だ。

では、なぜそんなことをしなければならないのか?そう、難関校の英文は抽象度が高いのだ。

過去問などに取り組んでいて、何を言っているのかよく文章に出くわした事はないだろうか?なんなら和訳を読んでもよくわからない文章だ。そういう文章は、扱っていいる情報の抽象度が高い可能性が高い。

抽象度が高くなるほど、頭でイメージしにくくなり、理解しにくくなる。「太郎くんが花子さんに会った」はイメージできるけど「哲学的ゾンビにおけるクオリア」はイメージしにくいかもしれない。

なんで入試でそんな事をさせるかというと、学問を修めるとは極めて抽象度の高い行為であり、大学は当然、抽象的な思考が出来る人間を求めているからだ。

 

抽象度の高い文を読むためのアプローチ

では難関大学の抽象的な文章を読むためにはどうすればいいか?これには2つのアプローチがある。①背景知識を増やす、②論理的に読む、の2つだ。

①背景知識を増やす

入試にはいわゆるあるあるのテーマがある。対人関係、移民、女性の社会進出、スマホ、テクノロジー、経済学から見た出来事、脳科学、言語、ざっと挙げるとこんな感じだ。このへんの基本的な概念を知っているだけで、一気に英文が読みやすくなる。

チープな言葉ではあるが「教養を増やす」という事になる。方法は…読書をしている時間はないので、こと受験に関しては多くの英文に触れながら知っている事を増やして行くのが効率がいい。

 

②論理的に読む

しかし、そんな事を言っても未知の内容は出る。しかし、安心して欲しい。英語のテストは一般知識を問うものでは無く、あくまで英語力を問う試験である。背景知識を知っていた方が読みやすいのは間違いないが、無くても問題には答えられるように作成されている。そこで大事になってくるのが論理的に読む行為である。

論理的と言ってもそこまで難しい事ではない、AはB、BはC、よってAはCが分かれば十分だ。未知の内容を読むときはこの因果を抑えて、それぞれの単語の関係を理解する必要がある。逆にそこさえ抑えられれば正確に読解する事ができる。

 

この①と②ができるようになる事こそ現代文的なアプローチだと思っている。背景知識だけ増やしてもダメだし、論理的に読めても知識がなかれば効率が悪い、自転車の両輪のようにこの2つを意識して伸ばす必要がある。そして、この参考書はその一助になるはずである。

 

 

この参考書の後は何をすべきか

過去問だよ過去問!!1にも2にも過去問だよ!!!!

この本で受験最高峰の問題レベルは分かるので、その後の過去問演習にスムーズに入れるよ!

登木健司 難関大英語長文講義の実況中継 (実況中継シリーズ)

登木健司 難関大英語長文講義の実況中継 (実況中継シリーズ)