読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蔵ログ

没頭できるものを求めて

水木しげるの「悪魔くん」

漫画・アニメ 仮説・考察

突然の訃報で水木御大が逝ってしまわれましたが、皆様申しておりますように、逝去されてもそんな気がしないのが御大の偉大なところだと思います。御大の代表作と言えば「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズですが、今回は個人的に最高傑作だと思っている「悪魔くん」(1963〜64/全3巻)を紹介します。

 

f:id:dero339:20151201235819j:plain

 

悪魔くんのオススメポイント

・出てくる単語がいい

光輝(ゾハル)の書、創造(イエジラ)の書、神秘数学、魔法大全、ソロモンの王、カバラファウスト博士、八仙、などなど非常に好奇心くすぐられる単語が沢山出てきます。(こうやってみるとユダヤ教関連が多いな…)

 

・主人公が突き抜けてる

主人公「悪魔くん」こと一郎くんは知力が突き抜けている。先に挙げた↑書物はもう読み込んで理解しちゃってるくらい突き抜けてる。敵対勢力として出てくる中国の八仙は悪魔くんのことをこう評している。

 

人間の頭はそれぞれドングリの背くらべのように同じように作られているものだ。たとえノーベル賞をもらう人でもそこいらのサラリーマンとそう違う頭の構造はしていないものじゃ<中略>この地上波それぞれ「凡庸の徒」が集まり調和を保っている<中略>だから我々が神に変わって人類の調和を保つために葬るのだ。

 

ノーバル賞受賞者も大したことないと言い切る賢人が恐れる知的存在、それが悪魔くん!そんな大天才は人生に何を望むのか?

・らしくない正統派主人公

悪魔くんの目的は悪魔の召喚である。そして、その力によって全人類が平和に生きれる世界を創造するのが目的だ。

鬼太郎と大違いである。鬼太郎はタバコは吸うわ、女性にうつつ抜かし、っていうか当時のヒーロー像としては異例のイケメンじゃない主人公像だった。河童にしても妖怪にしても人間とは異なる価値観で生きている、だから人間の常識は当然通用しない。これに対して悪魔くんは一応人間だし平和の為に活動する(割と)全うな正統派ヒーロー像だ。これは水木漫画としてはらしくない主人公である。
 

ちなみに悪魔召喚は、要はゲートの「ファウスト」だ。魂を代償に望みを1つ叶えてやる、である。

 

さて、そんな悪魔くんはどんな運命を辿り何を考えるのか、気になった方は是非ご一読を。こっから先は与太話だ。

 

■「悪魔くん」と「ワンパンマン」同一人物説

(*こっから先はワンパンマン読んでる前提になってます><)

「ワンパンマン」流行ってますね!アニメも毎週楽しみに拝聴してます!(one先生の原作も絶賛連載中なので好きな人は是非そっちも!どんどん面白くなっていきます!)

「ワンパンマン」の主人公サイタマはどんな敵もワンパンで倒してしまう、腕力レベルマックスなヒーロー。そうなると強くてニューゲーム状態で敵との戦闘が全然高揚しない、退屈しているヒーローだ。彼の望みは市民の平和であるが、一方で自分と互角に戦える強敵の出現も求めている。

 

あれ?これ何か悪魔くんと似てない?悪魔くんは知力レベルマックスの主人公、ワンパンマンは腕力マックスのヒーロー・・・。

 

    悪魔くん  /ワンパンマン

 特徴 知力マックス/腕力マックス

 望み 人類の平和 /市民の平和

望み② 悪魔の召喚 /強敵の出現

 

↓これを抽象化すると

 

    悪魔くん  /ワンパンマン

 特徴 能力が突き抜けた存在

 望み 人間世界の平和

望み② 人間の脅威となる存在の出現

 

同じだよね、同じだよね?どちらも凡人からかけ離れた超人が主人公で、その力故か世間や社会に対してどこか達観してるひょうひょうとしている。そして平和の願っている一方で、その平和を脅かすかもしれない存在を望んでいる。これはもう悪魔くん=ワンパンマン同一人物説発生じゃないですか??!

まぁ、冗談はこのくらいにして。僕らが彼ら突き抜けた存在に惹かれてしますのは、(少なくとも現在の)自分とは異なる境地に達した人物に世界はどうみえているか?を知りたいからだと思う。僕らは日常的に「力」を求めているけど、でも結局その先には何があるの?無批判に「力」求めているけどそれは正しいの?その境地は幸福なの?そこに向かって大丈夫?そんなことを知りたいんだと思う。もちろんそれは漫画だけじゃなくて各分野のトッププロ達もその需要には答えてくれるけど、人知を超えた存在のif作品は創造物でしか表現できない。
 

悪魔くんではそんな需要を、また妖怪や河童達の人知外視点から人間世界を風刺的に描いてくれた水木御大、心よりご冥福をお祈りいたします。

エロイムエッサム エロイムエッサム!! 

  

墓場鬼太郎 (1) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-7))

墓場鬼太郎 (1) (角川文庫―貸本まんが復刻版 (み18-7))