読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蔵ログ

没頭できるものを求めて

英語の勉強法【中級編:偏差値50~65】

英語

今回は中級編。偏差値50〜60が対象で65を到達とする。

学校の勉強をそれなりにこなしてきた人や平均点前後の人が該当する。実際ここがボリュームゾーンだろう。

導入編でも言ったが、勉強の1番の問題は【やる気】だ。
そして、やる気を無くし挫折してしまう原因は【何を何処までやるか分からない】ことにあると思う。だから、自分で勉強のゴールを設定し、それを達成できた人達は合格しやすい。勉強を継続できた時点で半分勝ちなのだ。残りの半分は適切な教材を使用したかだ。

 

今回も単語、熟語、文法、読解【精読・長文】の順で紹介する。
流石に薄い参考書はなくなってきたが、極力冊数を増やさないように1分野1冊の原則で必要十分な4冊を紹介する。

 

■単語・熟語

ここでは大きさと効率性からDUOをオススメする。

DUO 3.0

DUO 3.0

 

 評価はアマゾンの絶賛レビューを見て欲しい。余りの絶賛ぶりに少し引いてしまうが、使用感はいい。自分は大学生になってから使用を始めたが、もっと早く使ってればと思った。

 

ただ、ハッキリ言って単語熟語帳は何でもいい。各出版社が出してるベタなやつでいい。
以下、王道の単語帳の感想を書いておく。

 

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

英単語ターゲット1900 5訂版 (大学JUKEN新書)

  • 作者: 宮川幸久,ターゲット編集部
  • 出版社/メーカー: 旺文社
  • 発売日: 2011/11/23
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログを見る
 

 学校で配られる単語帳ナンバー1!(知らんけど)

余りにも無味感想なので使用を控えた、単語が羅列されてるだけは辛いと思う。

 

 

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

システム英単語 (駿台受験シリーズ)

 

 DUOとコンセプトは近い。例文があり、その下に単語が書いてある。

DUOがなければ、これを選んでいただろう。

 


■文法

文法問題集のオススメはネクステだ。

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

Next Stage英文法・語法問題―入試英語頻出ポイント218の征服

 

 この問題集から始めても多分理解できない。初級編で紹介した文法基礎を終わらせ、出来るだけ早く本書に移ろう。1週、5週、10週、20週…。受験が終わるその日まで何週もこなそう。

…と言いたいが、例によって終わりがないのは良くないので、先ずは3週、最終的に10週を当面の目標にしよう。3週目を越えた辺りからは、間違えた問題と解答の理由が説明できない問題だけ解き直せばいい。時間は有限だから、出来る問題を何度も解き直す余裕はない。

 

次点で英頻もオススメだが、最近改訂してないので、今回はネクステにした。 

大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ) 最新六訂版

大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ) 最新六訂版

 

 

 ■読解【精読】 

精読をやる意味は英文の内容を捏造しないためにある。

単語熟語のストックが増えてくると、何となく英文が読めてくる。しかし、その何となくが危ない。出てくる単語から勝手にストーリーを作ってします可能性がある。抽象的な文章やよく知らない分野の英文はその傾向がある。そこでオススメするのが本書だ。

基礎英文問題精講 3訂版

基礎英文問題精講 3訂版

 

文の構造が取り難い英文のを使い、読解力を養成してくれる。本書が何より優れているのは英文の内容が重厚なことだ。抽象度は高いが、その後の人生にも役立つ名文が散りばめられている。まさに一石二鳥の参考書だ。

 

本書は全部やる必要はない、第1章40講だけでいい。分量的には全体の3分の1だ。
この40文を問題なく訳せるようになれば、取り合えず卒業だ。

 

 

■読解【長文】

一応オススメは挙げるが、ここまできたら志望校の過去問を解いたほうがいい。
今まで紹介した参考書を確実に仕上げていれば難なく解けるようになっているはずだ。
後は各大学の傾向にあわせて調整すればいい。

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

やっておきたい英語長文700 (河合塾SERIES)

 

 

次回、上級編

 

 

dero339.hatenablog.com