東村アキコの「かくかくしかじか」

東村アキコ先生の「かくかくしかじか」を最近読み返した。初めて読んだのは今年の5月だったと思う。久しぶりに会った大学の友達が紹介してくれた。なんでオススメしてくれたかは覚えてない。作者と僕が同郷(宮崎県)だったからか、それともこの漫画を通してなにか伝えたい事があったのか、今は覚えてない。