蔵ログ

没頭できることを求めて

英語

英語の勉強法まとめ

概要と考え方 読む 書く 話す TOEIC 英検 概要と考え方 主に受験英語に対してだけど、英語の4技能に関しての考え方。簡単にまとめると「読む」は受験で鍛え、「聞く」はシャドーイングで鍛え、「書く、話す」は瞬間英作文で鍛えればいいじゃん、というスタン…

英語長文勉強法&おすすめの問題集

英語の勉強法で書いたが、基本的に長文問題集はやらなくていいと思っている。問題集解く暇があれば、志望校の過去問を1問でも多く解くべきである。 ...とはいえ、確かに過去問は使い勝手に劣る。難易度が高すぎたり、解説やレイアウトがイマイチだったり、何…

英作文と和部英訳の参考書レビュー

英作文はハードルが高い。受験勉強で英語を「読める」ようになっても、英作文まで十分手が回る人は多くない。 なぜ英語を「書く」事はハードルが高いのか?(あるいはそう感じるのか)そして全くゼロの状態から英作スキルを磨いていくにはどうすればいいのか…

パラグラフリーディング概論:要約で頭を良くしよう

パラグラフリーディングという言葉を聞いた事があるだろうか。詳しくはググれば沢山説明が出てくると思うが、個人の見解を述べれば「文章の本旨を見失わずに読む方法」だと思っている。 これは受験では英語だけではなく現代文にも応用できるし、社会人になっ…

中学生の私(と似ているあたな)へ

よう元気してる?哲学してる?ボチボチ生きる意味とか考え始めちゃった?びっくりだよなー自分が世界の中心じゃないだなんて。流石に周りの人がお化けとか幽霊とかじゃないのは分かってきてたけど、まだ頭のどっかで自分は特別だって思ってたよな。それが何…

英検のすゝめ【参】 準1級勉強法

今回は準1級勉強法。準1級のレベルは「大学中級程度」。もうね何言ってるか全然わからない。どこで見聞きしたか忘れたが「英語を生業(なりわい)としない者の到達点」らいし。なのでここを当面の目標にしてた。合格した今、1級はいつかやるけど暫くいいや…

英検のすゝめ【弐】2級勉強法

そんなわけで今回は英検の勉強方について。前回言及した通り、最低限の対策の提案です。1次試験は①文法語彙、②読解、③リスニング、④英作文の大問4問で構成されているので、それを軸に。例によって最小の労力、使う本は3冊のみ。

英検のすゝめ【壱】

英検、あるよね英検。みんな存在は知ってるよね。高校までアホみたいに思考停止して受験させられて、大学以降全然関係ねーの。英検?ふーん()って感じなの。 順調にTOEICにシェア奪われて、年間受験者数抜かれたね(僅差だけど)。そりゃ当日のオペレーシ…

TOEIC対策に役立った本・イマイチだった本

日本でサラリーマンをするなら避けては通れぬTOEIC、初受験の600点から最高845点の過程で、役立った本とイマイチだった本を紹介。 ポイントは、売れてる本で、使いやすいこと! 総合、単語、文法、読解、リスニングに分けて紹介します(公式本は除くよ!) …

お金をかけずに英語が話せるようになる方法

ここまで英語を読む勉強方法を紹介してきたが、読解学習に対する批判は多い。グローバル時代()に読めるだけじゃ駄目だろ、読めても書けなきゃチャットもメールも出来ねーだろハゲ、リスニング出来きなきゃ何言ってるかわかんねーし、話せないと言いたいこ…

英語の勉強法【上級編:偏差値65〜】

*2017年3月31日、加筆・修正しました。 今回は上級編。 ここまでやれば「読む」能力に関して、どの大学でも対応できるレベルになる。但し、このレベルは他教科に余裕があるか、余程の英語好き受験生に限定する。 大学受験において、英語の比重は確かに大き…

英語の勉強法【中級編:偏差値50~65】

*2017年3月31日、加筆・修正しました。 今回は中級編。「偏差値50〜60の人が、ちゃんとやれば65まで上がる内容」とする。マーチレベルならこれで大丈夫だ。 今まで学校の勉強をキチンとしてきた人は、今このレベルに該当するハズだ。そして、実際ここがボリ…

英語の勉強法【初級編:偏差値40~55】

*2017年3月31日、加筆・修正しました。 今回は初級編!対象は偏差値40~50で、55を到達とする。 殆ど英語の勉強をしたことがなく、全く英語が読めないレベルが対象。このレベルのゴールは「簡単な英文なら問題なく読める」とする。正直、学校の授業なり課題…

英語の勉強法導入編②〜勉強を継続する方法

■勉強を継続するために 勉強の難しさは継続の難しさにあります。脳科学的にも反復さえできれば記憶はできるので、継続さえできれば結果はついてきます。 しかし、目の前に山積みされた参考書を前にやる気を出すのは難しいです。終わりの見えないタスクに脳は…

英語の勉強法導入編①〜英語を読むために必要な力

英語の能力は 【読む、書く、聞く、話す】4つに大別されます。 これに【受信、発信、文字、音】の軸を加えて表にすると項目を加えると、 受信 発信 文字 読む 書く 音 聴く 話す こうなります。日本の大学受験では良く悪くも読む力を問う比率が大きいです。…